株式会社マーケティングセンター
HOME 会社案内 自主調査結果 採用情報 お問合せ
 
 
会社案内

[ 会社概要 ]  [ 企業理念 ]  [ 所在地 ]  [ 沿革 ]

沿革
1940年代 ・ (社)輿論科学協会創立 ・ 1946年(株)マーケティングセンター
  前身の創立
・ ランダム・サンプリング法による
  世論調査を開始(日本初)
・ 第1回「消費者調査」開始
1950年代       ・ 会誌「市場調査」創刊
・ 全国主要都市に調査支部設置
・ パネル調査開始
・ イメージ調査実施
・ デミングプランによる
  サンプリング法採用
・ モチベーション・リサーチの研究開始
    ・(株)マーケティングセンター設立   ・ 1959年民間企業からの要請に
  応えるべく (社)輿論科学協会より分離・独立
1960年代  

・ 調査体制の整備

・ 集計体制の整備

・ 海外調査の開始


・ 研究開発の促進



・ 自主企画調査の開発

  ・ 大阪総局を開設
・ 全国調査ネットワークの完成
・ コンピュータによる集計体制を充実
・ コンピュータによる多変量解析処理の開始
・ 海外連絡部を新設
・ 海外調査ネットワーク確立
  (「ロック・インターナショナル」に加盟)
・ SD法の研究開発・調査実施
・ モチベーション・リサーチの普及に努める
・ 機関誌「マーケティング・リサーチ」創刊
・ 研修部の新設(社員研修システムの整備)
・ 全国一般消費者合同調査
・ 東京、阪神地区一般消費者合同調査
・ 消費者パネル調査
・ 薬品消費量パネル調査(病医院対象)
・ 薬品販売量パネル調査(薬局・薬店対象)

1970年代   ・ 調査精度の研究と
  調査体制の充実
・ ライフスタイル分析の研究

・ データ解析方法の研究


・ 自主企画商品の開発
  ・ 郵送調査の精度の研究
・ 詳細面接調査体制の充実
・ マーケット・セグメンテーションの研究
・ ライフスタイル分析方法の研究
・ 多次元尺度解析の研究
・ コーホート分析の研究
・ コンジョイント分析の研究
・ 製薬メーカーのプロパー評価合同調査
・ 病院診療科別処方箋数量調査
・ 各種商品のクラスター分析合同調査
・ ライフステージ別消費者調査

1980年代   ・ データ処理システムの充実

・ 調査データDBの開発


・ 定性情報DBの開発

・ 顧客満足度調査の研究


  ・ 調査データ処理用の汎用機の導入
・ 調査データ処理ソフト(CRS,MCG)の開発
・ 大型継続調査のデータ活用
  システムの研究
・ 大型継続調査のDBの開発
・ MC-VOICEの販売開始
・ 定性情報処理方法の研究
・ 顧客満足度構造の分析
・ 顧客満足度測定方法の研究
1990年代   ・ 研究開発体制の充実


・ 海外調査ネットワークの充実

・ マーケティング情報
  システムの開発

・ モデルの開発

・ ハイテク調査の研究開発

・ 個人情報保護体制確立
  ・ 研究開発部の新設
・ 情報システム開発体制の充実
・ 社内情報ネットワークの整備
・ Medi-World
  (医薬品市場調査ネットワーク)に参加
・ エリア・マーケティング支援システム
  (MC-MAP)の販売開始
・ 店舗開発システムの開発
・ 店舗評価モデルの開発
・ 販売予測モデルの開発
・ CATI/CAPIの研究開発
・ インターネット調査の研究開発
・ プライバシーマーク取得
2000年代   ・ 各種データサービス
  システム開発
  ・ 統計データ提供サービス
  (MC-統計)販売開始
・ エリアマーケティング支援サイト
  (MC-MAP/Web)開設
・ 営業戦略支援情報システム
  (MC-MAPU)販売開始
・ CM評価情報サービス
  (MC-CMインパクト)サービス開始
 
 
 
 
        ページ上部へ
プライバシーマーク
個人情報保護について 当サイトについて Copyright(c)2005 Marketing Center Co.,Ltd. All rights reserved.
English サイトマップ