株式会社マーケティングセンター
HOME 会社案内 自主調査結果 採用情報 お問合せ
 
 
サービスメニュー
ホーム >> サービスメニュー >> リサーチ >> 調査手法
調査手法
精度と品質にこだわった調査技術で、お客様ごとの要望に応じた調査プランを設計いたします。
主な分析手法
訪問面接調査
留置調査
郵送調査
電話調査
インターネット調査
CLT(会場調査)
来場者調査
FGI(フォーカスグループインタビュー)
デプスインタビュー
観察調査
ミステリーショッパー調査

 訪問面接調査
 特徴 調査員が対象者の所在地(自宅・事務所等)を訪問し、その場で対象者に対して聞き取りを行う方法。
調査費用はやや高めだが、高い調査精度を維持することが可能。
ページ上部へ
 留置調査
 特徴 調査員が対象者の所在地(自宅・事務所等)を訪問し調査を依頼、調査票を対象者に預け、後日調査票を回収する方法。
対象者は自分の都合の良い時に回答できるので、質問数の多い調査や、記録式(日記式など)の調査が可能。
ページ上部へ
 郵送調査
 特徴 対象者所在地に調査票を郵便で送付し、郵便で返送してもらう方法。
広範囲な調査地域や大規模サンプルにも対応でき、普段接触することが難しい対象者(医者・会社関係者)への調査も可能。調査費用は比較的割安。
ページ上部へ
 電話調査
 特徴 調査員が対象者に電話をかけ、電話口で質問を行い回答を得る方法。
調査地域を選ばず、相対的に調査期間が短く、調査費用も安く実施できる。
ページ上部へ
 インターネット調査
 特徴 インターネットホームページ上に質問を掲載し、対象者がそのWeb画面上で回答する方法。
スピードの速さとコストの安さが最大の特徴。出現率の低い対象者の抽出が行いやすく、面接調査などでは聞きにくい質問内容もある程度可能。ただし、対象者はインターネット利用者に限定される。
ページ上部へ
 CLT(会場調査)
 特徴 街頭で通行人に調査を依頼し、調査会場に移動してもらい、会場内で調査を行う方法。
実査条件を会場でコントロールできるため、実査の品質管理を行いやすい。また、素材(CM、商品パッケージなど)の提示、試飲・試食がある場合に有効な方法。
ページ上部へ
 来場者調査
 特徴 ショッピングセンターなどの施設の来場者や道路を通行している人などを対象に行なう方法。
多数の対象者に短時間で接触でき、条件に合う対象者をその場で確認できる。また、素材などの提示もある程度可能。ただし、質問量に制約があり、天候や周辺状況に左右されやすい。
ページ上部へ
 FGI(フォーカスグループインタビュー)
 特徴 ある条件を満たした対象者6〜8人に会場に集合してもらい、その場で司会者から提示されたテーマにそって、座談会形式で発言してもらうことで情報を収集する方法。
特定のテーマについて、より深く具体的に掘り下げたり、参加者の「ホンネ」を導き出すのに有効な手段。
ページ上部へ
 デプスインタビュー
 特徴 調査員が、対象者と1対1で向かい合い、自由なインタビュー形式で聞き取りを行う方法。
特定のテーマについて、より深く掘り下げたり、対象者の深層心理を探ることができる。グループインタビューでは聞きづらいテーマ(健康のことなど)の場合にも有効。
 ページ上部へ
 観察調査
 特徴 対象者の行動や施設の実態などを観察・記録する情報収集方法(交通量など)。
対象者の動作/しぐさなど、事前にコード化しづらい情報の収集に有効。
  ページ上部へ
 ミステリーショッパー調査
 特徴 お客を装った調査員が小売店・ディーラー・サービス窓口をおとずれ、そこの従業員の行動・態度やお店全体のクレンリネスなどをを測定・評価をする方法。
顧客の評価を消費者調査から反映させることができるが、判断基準を明確に・同一にしなければならない。
ページ上部へ
   
 
プライバシーマーク
個人情報保護について 当サイトについて Copyright(c)2005 Marketing Center Co.,Ltd. All rights reserved.
English サイトマップ