マーケティングリサーチ専門 株式会社マーケティングセンター

会社概要
企業理念
所在地
沿革
業界の歴史

会社概要

沿革

1940年代 (社)輿論科学協会創立 ・1946年(株)マーケティングセンター前身の創立
・ランダム・サンプリング法による世論調査を開始
 (日本初)
・第1回「消費者調査」開始
1950年代 ・会誌「市場調査」創刊
・全国主要都市に調査支部設置
・パネル調査開始
・イメージ調査実施
・デミングプランによるサンプリング法採用
・モチベーション・リサーチの研究開始
(株)マーケティングセンター設立 ・1959年民間企業からの要請に応えるべく
 (社)輿論科学協会より分離・独立
1960年代 調査体制の整備 ・大阪総局を開設
・全国調査ネットワークの完成
集計体制の整備 ・コンピュータによる集計体制を充実
・コンピュータによる多変量解析処理の開始
海外調査の開始 ・海外連絡部を新設
・海外調査ネットワーク確立
  (「ロック・インターナショナル」に加盟)
研究開発の促進 ・SD法の研究開発・調査実施
・モチベーション・リサーチの普及に努める
・機関誌「マーケティング・リサーチ」創刊
・研修部の新設(社員研修システムの整備)
自主企画調査の開発 ・全国一般消費者合同調査
・東京、阪神地区一般消費者合同調査
・消費者パネル調査
・薬品消費量パネル調査(病医院対象)
・薬品販売量パネル調査(薬局・薬店対象)
1970年代 調査精度の研究と調査体制の充実 ・郵送調査の精度の研究
・詳細面接調査体制の充実
ライフスタイル分析の研究 ・マーケット・セグメンテーションの研究
・ライフスタイル分析方法の研究
データ解析方法の研究 ・多次元尺度解析の研究
・コーホート分析の研究
・コンジョイント分析の研究
自主企画商品の開発 ・製薬メーカーのプロパー評価合同調査
・病院診療科別処方箋数量調査
・各種商品のクラスター分析合同調査
・ライフステージ別消費者調査
1980年代 データ処理システムの充実 ・調査データ処理用の汎用機の導入
・調査データ処理ソフト(CRS、MCG)の開発
調査データDBの開発 ・大型継続調査のデータ活用システムの研究
・大型継続調査のDBの開発
定性情報DBの開発 ・MC-VOICEの販売開始
・定性情報処理方法の研究
顧客満足度調査の研究 ・顧客満足度構造の分析
・顧客満足度測定方法の研究
1990年代 研究開発体制の充実 ・研究開発部の新設
・情報システム開発体制の充実
・社内情報ネットワークの整備
海外調査ネットワークの充実 ・Medi-World(医薬品市場調査ネットワーク)に参加
マーケティング情報システムの開発 ・エリア・マーケティング支援システム
 (MC-MAP)の販売開始
・店舗開発システムの開発
モデルの開発 ・店舗評価モデルの開発
・販売予測モデルの開発
ハイテク調査の研究開発 ・CATI/CAPIの研究開発
・インターネット調査の研究開発
個人情報保護体制確立 ・プライバシーマーク取得
2000年代 各種データサービスシステム開発 ・統計データ提供サービス(MC-統計)販売開始
・エリアマーケティング支援サイト
 (MC-MAP/Web)開設
・営業戦略支援情報システム(MC-MAP II)販売開始
・インターネット調査サービス(MC-NetSurvey)開始
2010年代 各種エリアマーケティングシステム開発 ・エリアマーケティングASPサービスベーシック版
 (MC-MAP/WebII)開設
・エリアマーケティングASPサービスハイスペック版
 (MC-MAP/WebIII)開設

関連ページはこちら